ものづくりにこだわり続けた
歴史がある

庄原市でものづくりに挑む、私たち舛元木工。
1961年(昭和36年)に創業し、建具職人として技術を磨きながら、人々のライフスタイルの変化に合わせ、常に新しいものづくりに挑戦してきました。
木製建具にはじまり、長年培った塗装や加工の技術を生かして家具の生産へ。
そして大量生産から脱却した今の時代に、ベッドフレームに特化した効率的な生産体制をつくり、国内外のベッドブランドと共同開発しながら、時代のニーズに合ったベッドを日々生み出しています。